縫製工場ミヤモリは年間100万枚超の生産力のOEM生産アパレル専門縫製メーカーです。オリジナルブランド・プライベートブランドの縫製・製作、量産から小ロット短サイクルが可能です。

会社概要

会社概要 富山県ものづくり大賞 創業1966年 一流ブランドに一流の価値を

一流のブランドに、一流の価値を。

株式会社ミヤモリは、「Made in Japan」国内縫製工場として半世紀に亘るノウハウの蓄積を生かし、信頼の生産・技術力と洗練された感性により、高機能性・ファッション性を備えたアパレル専門製造メーカーとして、お客様のご要望に応えられる21世紀型縫製工場をめざします。

経営理念

私達、株式会社ミヤモリグループは、お客様に満足していただける良い品質の商品及び、サービスを提供することを企業理念とする。

ミヤモリ経営方針

  1. 私達は、創意を以ってよりよい製品を造り社会に奉仕する。
  2. 私達は、知識をみがき経験をつみ技術の向上を計り顧客の信頼にこたえる。
  3. 私達は、健康明朗なる社風をつくり会社の繁栄と各人の生活向上を計る。

社長ご挨拶

株式会社ミヤモリ 代表取締役社長 大柳英樹過酷な着用条件のもとプレイヤーの能力を最大限に引き出すとともにファッショナブルに飾るスポーツウェアは、スタイルやデザインが重視されるレジャースポーツ用から、極限状態において高機能・ハイパフォーマンスが求められるトップアスリート用に至るまで、「より強く、より美しく」というニーズの高度化、素材やテクノロジーの進化と共に、絶え間なく進歩を続けています。

1966年の創業以来、株式会社ミヤモリは、陸上競技・テニス・スキー・水泳などハイクオリティなスポーツウェアからカジュアルウェアに至るまで、一流ブランドの揺るぎないこだわりをカタチにしてきました。

私共は、激しく変化する時代とマーケット動向を見据え、従来の枠組みにとらわれない柔軟な発想力と実行力で常に新しい生産技術に挑戦し、感動あふれるスポーツシーンを彩る高品質・高付加価値製品の生産に貢献していきます。

株式会社ミヤモリは、半世紀に亘るノウハウの蓄積を生かし、技術・機能・提案力をさらに充実させ、スポーツウェアにとどまらず、「Made in Japan」国内縫製工場としてお客様のご要望に応え られるよう、進化を続けます。

会社情報

社 名 株式会社 ミヤモリ
所在地 〒932-8588 富山県小矢部市埴生208 Tel.0766-68-1288 Fax.0766-68-0887
創業 1966年(昭和41年)8月
資本金 4,050万円
代表者 代表取締役会長 宮森 利隆 代表取締役社長 大柳 英樹
従業員数 150名
事業内容 スポーツウェア・カジュアルウエア・工業製品 企画製造
生産機能 1.OEM生産 試作設計・裁断・刺繍・縫製・仕上げ・縫製検査までの一貫生産体制
2.企画サポート 設計・試作・見積・グレーディング・製品規格書・縫製仕様書作成等
3.国際標準規格ISO9001による品質保証体制
主要取引先 (株)ゴールドウイン・三井物産インターファッション(株)・(株)上杉グループ・東レインターナショナル(株)・伊藤忠商事(株) 他
主要仕入先 三井物産インターファッション(株)・(株)吉岡・(株)三景・モリト(株)・(株)上杉・(株)日本ストレッチ 他
取扱アイテム 1.スポーツウェア・カジュアルウェア全般
2.スイムウェア・フィットネスウェア・子供服
3.カットソー・婦人服
4.衣料品生活雑貨商品
5.産業用ロボットウェア 他
年間生産量 約100万枚
主要生産ブランド スピード・エレッセ・エーグル・シュリーヌ 他
主要生産設備 タカトリ CAMシステム
東レ CADシステム
島精機 トータルデザインシステム
多頭式刺繍機
その他縫製関連設備 20種類以上
グループ会社 株式会社アクトリー

交通アクセス

・あいの風とやま鉄道 石動駅より徒歩20分 ・NEXCO中日本 北陸道 小矢部ICより車で5分
Google マップ

沿革

1966年8月

富山県小矢部市平桜にて創業

1970年10月

法人化 有限会社宮森ニット設立 資本金300万円

1972年11月

業務伸張に伴い小矢部市埴生に工場開設

1978年2月

業務伸張に伴い小矢部市石動町に工場開設

1984年11月

生産合理化計画に伴い小矢部市埴生208番地に新工場建設
資本金900万円に増資

1984年12月

関連会社 有限会社ビー・バレー設立

1986年12月

イートン社ハンガーライン導入

1989年10月

CI導入 株式会社ミヤモリに改組
CAD/CAMシステム導入に伴い工場増設

1990年3月

資本金1,800万円に増資

1991年2月

資本金2,700万円に増資

1991年12月

関連会社 株式会社アクトリー設立 資本金5,000万円

1993年2月

資本金4,050万円に増資

1993年7月

関連会社 有限会社ビー・バレーを株式会社ビー・バレーに改組 資本金1,050万円に増資

1993年8月

ミヤモリグループ代表取締役に宮森慶男就任

1998年12月

品質管理システム「ISO9001」取得

1999年4月

株式会社ミヤモリ代表取締役社長に宮森利隆 就任

2002年4月

株式会社ビー・バレーを株式会社ミヤモリに吸収しミヤモリ石動工場とする

2004年4月

合理化計画に伴い石動工場を本社に統合

2005年11月

CAD/CAMシステムを新規入替

2014年4月

株式会社ミヤモリ代表取締役会長に宮森利隆 就任
株式会社ミヤモリ代表取締役社長に大柳英樹 就任

グループ会社

ミヤモリグループではスイムウェアからカットソー・布帛まで大ロットから小ロット 短納期オーダーにもフレキシブルに対応。製品の企画・設計段階から手がける 一貫生産体制によって、お客様のニーズに対応できる体制をつくっております。

株式会社アクトリー

ミヤモリグループ会社 株式会社アクトリー 縫製工場鹿児島県鹿島郡吉田町(現:鹿児島市東佐多町)の企業誘致により設立。
社名はACTIVE(活動的な)と FACTORY(工場)との造語。最新の生産設備と快適な職場環境の両方を備えたファッション工場として、スタートしました。
ミヤモリを中核企業として、株式会社アクトリーとで「ミヤモリグループ」を形成。カットソー・婦人服からスポーツウェア&カジュアルウェア、スイムウェア・フィトネスウェア、布帛製品までの幅広い素材対応、商品展開の充実、設備投資といった生産体制の強化を図りながら、ミヤモリと共により高次のステージを目指しています。
ミヤモリグループは、信頼の生産・技術力と洗練された感性により、高機能性・ファッション性を備えたアパレルを創造しています。株式会社ミヤモリ、株式会社アクトリーの2社はそれぞれの経営ノウハウを共有化し、総合的なグループパワーによって互いの企業ドメインを高め合っています。

スタッフ紹介

株式会社アクトリー 縫製工場 スタッフ私たちが迅速に対応させていただきます。河原工場長(左)と上野主任

グループ会社 概要

社 名 株式会社アクトリー
所在地 〒891-1302 鹿児島県鹿児島市東佐多町2138-1 Tel.099-295-2028 Fax.099-295-2426 e-mail actory@d1.dion.ne.jp
設立 1991年(平成3年)12月
資本金 5,000万円
従業員数 70名
事業内容 スポーツウェア&スイムウェアの企画・製造
年間生産量 約35万枚

 

PAGETOP
Copyright © 株式会社ミヤモリ All Rights Reserved.